自己啓発やってみた

人生は暇つぶし。楽しく生きよう

上海駐在。奥様は中国人。遊びも家族も大切に。

やりたい仕事がすぐ変わるのは仕方ない

やりたい仕事がすぐ変わってしまうと悩んでいる人はとても多いですね。僕もそうなんですけど、それは仕方がない話なんです。

よく聞く話

f:id:nomuuuru:20171013131956j:plain
なんだろう。転職したことある人とか、1週間ごとに夢が変わる人とか結構多い気がする

周りで聞いているとしっかりしろと思うのだが、いざ自分が当事者になると案外こういう事例は多い。

例えば、
・起業したいと言ってベンチャーで働いていたくせに結婚すると公務員に転職したい
・これからはWebマーケティング業界が熱いから就職するとか言ってたくせに、残業多いと分かるとホワイトな企業を目指す
・転職できた会社で最初は給料低くても良いと言ってたくせに、1年経つと文句言す

みんなが仕事に求めるもの

f:id:nomuuuru:20171013133458j:plain
一般的には、若いうちほど給与とかやりがい、年をとるにつれて安定性や自分の時間が大切になってくる。

考えてみると、結婚して家族を持ち、40歳も過ぎれば、失敗から立ち直ることも難しくなるし、周りへの影響も大きくなる。

年齢や状況によって優先順位は当然変わるのだ。

そう考えると、どんなことがあってもやりたいことをやるという覚悟がある人間以外は、やりたいことをやるための環境や条件(働く場所、時間、待遇、一緒にやる人など)によって、考えが変わってしまうことが自然だ。

ブラック企業なんか正にこれで、希望とかやりがいを求めて入社した社員が残業時間多すぎとかパワハラがひどいとかで最悪自殺してしまう。

電通自殺とかもそうだけど、世の中で一流と言われる大企業で、自尊心や将来性もあり、ある程度覚悟や現状を知ったうえで働いてもこうなんだから、そうでないケースなどは押して知るべしだろう。

選択はバランスで決まる

ソースという本にこの辺は書いてあるんだけど、生活は様々な要素で構成されているのだから、なんだかんだそれらのバランスで決まるという人が多いんでしょう。

ソース?あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。

ソース?あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。

簡単に紹介すると、人生の満足点は人生を構成する要素のそれぞれに1~10点をつけたときの点数やバランスに応じて満足度が変わるというもの。
・仕事のやりがい、待遇、通勤時間
・友達、家族
・健康
・趣味
・余暇の時間
・住居など

このバランスは人それぞれですが、現状に不満がある人は全体のバランスかある項目が低い数値となります。

そうなると、どのようなバランスが良いかが分かれば、最高とは言わないまでも、ベターな生活にはなるはず。人によってはまぁまぁとか、仕事を続けているような段階。

やりたいことが変わる原因

そろそろ本題へ。やりたいことが変わってしまう原因は以下の3つに集約されると思う。

1.単純に仕事に興味がなくなった
2.以前良いと思っていたバランスが変わった
3.自分にとって生活の最適なバランスが分からない

1.単純に仕事に興味がなくなった

これって、もう仕方がないとしか言いようがない。
頑張らずに成果が出ないままの飽き症の人はどうしたもんかと思うが、
・仕事のマイナス面を知った(例:教師にあこがれた人がモンスターペアレントの酷さにショックを受けた)
・あまりにも不向きと気付いた(例:人と話すのが好きなのに、システム開発になった)
とかは仕事を変えることを考えてみてもいいかもしれない。

・仕事をやりきってステップアップする意味でやりたいこと出来た
これはいい例だと思う(例:コンサルとして働いたが、外部からではなく内部から働いてみたい)

処方箋:
一度しかない人生、やりたいことしなくても後悔、やって失敗しても後悔。条件面を比較して、よく分からなければやった後悔(失敗する前提ではないけれど)を選んだほうが良いんでないかな。

やりがいで悩む人はそういうタイプが多いですよね。

2.以前良いと思っていたバランスが変わった

出産を機に激務コンサルから、伸び伸びワークライフバランス企業に入って子供と過ごす時間を増やしたいとか正にこれですね。

やっとここまで話が進みましたが、こればっかりは仕方ないですよね。子育てするのに激務とか薄給は現実的に厳しいんで。これをきっかけに職種異動とか異動を真剣に悩む人はたくさんいらっしゃるでしょう。何回も言いますがこれは仕方ない。

処方箋:
ここで悩む人は理性的でしっかり将来も考える人だと思います。それぞれの選択のプラスやマイナスを書き出して、5年、10年、20年先を描いてみては。人材会社などにも相談してみれば、前には進みます。

それをやれば、大切にしていることが何かは分かるので、大きく外す選択はないです。

3.自分にとって生活の最適なバランスが分からない

何をどうすればいいか悶々としている人ですね。そこまで残業したくないけど給料は欲しかったり、仕事でも良い点と悪い点を優劣つけれなかったり(例:人材会社のキャリアコンサルは仕事を探す人のためになってやりがいあるけど、求人者面接は夜遅くまであるのが厳しいなど)

一言では優先順位をつけましょうという話なんですが、それができないから困っているんだよ!!という感じですね。

処方箋:
これはやっかりですね。実は自分の価値観や内面とかって、考えても分からない可能性は全然ありますよね。性格によりますけど、そんなに焦っていないのであれば家族の意見大切にした方がいいです。焦って決めてもどうにもならない。

それでもどうしようもなく悶々とするのであれば憧れる人に会う機会作ってみましょう。現状飛び越えて理想見えれば新しい発見あります(上記2はやってもいいけどピンと来ない人が多いよね。たぶん)

まとめ

転職や退職、起業を決める場合は、まず現状整理したほうが賢い。(紙に書くとか、人材会社とか)変わってからでは戻れないですよね。

その結果、現状を変えないのも立派な選択ですよね。


それでも分からなければ直感で選ぶと後悔はしないです


おわり