自己啓発やってみた

人生は暇つぶし。楽しく生きよう

上海駐在。奥様は中国人。遊びも家族も大切に。

【マインドフルネス】心が選択を左右する

f:id:nomuuuru:20170926170042j:plain

人生の節目だったり、長期休暇だったり、今の仕事でいいのか考えることがあると思います。

考えてはみたけれど、ネガティブなことしか考えられない、明るい未来やモチベーションが描けない、なんてことがあると思います。

 

そんなときの話。 

  

前向きになれない時

f:id:nomuuuru:20170926170030j:plain

 こんな状況のときってどんな気分でしょうか。

 

・クソ上司が!

・なんでこんな仕事やらなきゃいけねぇんだよ!

・毎日終電まで残業だよ!

・この社内ルール意味ないだろうが!

 

クソですよね。やってられないね。

 

僕は全て経験済みですけど、こういう時はろくな考えが出てこない。

転職とか異動願いを考えてみても「どこも同じだろ!?」とか「そもそも仕事のこと考えるとイライラするわ!!」とかね。

 

まぁ今の僕なんですけど(爆)

 

気持ちが弱いとかだからダメなんだって叱責する上司もいると思うけど、なんかおかしいだろと思っていた。ずーと前からだけど。仕事はもちろん大事だし利益出さないといけないんだけど、なんか生き苦しくないかい?!って。

 

マインドフルネス

f:id:nomuuuru:20170926170007j:plain

 ちょっと調べてみたら、さすが世界のリーディングカンパニーは気付いて取り入れてる。ジョブスが禅をやったり、googleがマインドフルネス取り入れたりね。

 

これは何ぞや。

正確にはマインドフルネスストレス低減法といって心理学的治療の一つです。今米国の多くの心理学教室にはマインドフルネスセンターがあり、仕事、家庭、経済に関するストレスを抱えた人、慢性疼痛の患者、不安症やパニック障害の患者、過敏性腸症候群の人、不眠や疲労に悩む人、高血圧症や頭痛患者、そしてうつ病の回復期の人が数週間から数か月間のプログラムに通っています。マインドフルネスはうつや不安症の医学的治療効果だけでなく、健常人の生活の質を高める作用もあります。

引用(マインドフルネスとは?|東京マインドフルネスセンター

 

よくわからん。

というか、どこ調べてもいまいちよくわからん。。。

 

理屈よりも実践事例を調べてみる。

スタンフォード大学の調査では、瞑想の練習が人間の苦痛を軽減させることが証明されており、ある会社で7週間、瞑想とマインドフルネスの訓練を受けたあと、通常通りオフィスで仕事をしてもらったところ、従業員たちは日々の仕事に優先順位をつける作業に、より時間を割くようになり、非生産的な活動を遠ざけるのが上手になったと言います。

 

通算11回、チームを全米チャンピオンに導き、プロバスケットボール界で最も成功したコーチと言われているフィル・ジャクソンは禅の考え方を徹底し、すさまじいプレッシャーの中でも、コンマ何秒で決断しなければならない選手のために、呼吸法から思考、そして感情の気づきをもたらすトレーニングまで、様々なことを教えていきました。

彼は筋力トレーニングや走り込みも大事だが、メンタルの強化も同じぐらい大事だとして、バスケットボール界のスーパースター、マイケル・ジョーダンやコービー・ブライアントにも瞑想の指導をし、最近では最優秀選手賞を4度受賞したレブロン・ジェームズがタイムアウト中に瞑想している姿がYoutubeで人気となっている。

 

マッキンゼー・アンド・カンパニーでは、マルチタスクで迅速に情報を処理すれば、より多くのことを成し遂げられるはずだと信じられていました。しかし、脳は一つのタスクに集中するように設計されており、科学的にマルチタスクが人間の生産性や創造性を著しく低下させることが実証されたため、社内で瞑想への取り組みが進むようになりました。

 引用(5,000人のグーグル社員が行う瞑想「何とかなる。それはやることをちゃんとやってる人のセリフ。」 | リーディング&カンパニー株式会社

 

一言でまとめるなら、

「心や感情の状態が、思考・意思決定・創造性に大きな影響を及ぼしている」と言える。

 

価値観の対立~安定、お金VSやりがい、自己実現~

f:id:nomuuuru:20170926170208j:plain

表現はいろいろあると思うけど、「心を無視して取り組むのはツライ」ってのは、なんとなくみんな気付いてきて、でもそこまで明確に言語化できなかったり、先頭突っ走るのはキツイなんて無意識に感じてる。

そう考えると、SMAPの「世界に1つだけの花」、アナ雪の「ありのままの♪」、地方移住、ノマドライフ、Youtuber、週末起業も根本は同じじゃないかな。

 

もっと人自分らしく生きたいってこと。

 

今の20~30代はやりがいとか自己実現も大事だって思っていて、もっと下になればやりたいことやらないなんて信じられないという時代も繰るんじゃないだろうか

僕らの親やおじいちゃんの世代はやりがいよりも安定やお金の価値観だけど、日本が敗戦したとか明日のご飯がなんて時代があったなんて想像できないもんね。。(もちろんお金も大事だけどね)

 

狭間の世代は苦しいけど、変化が大きい分チャンスでもある訳なんだけどね。

ちょっと話逸れたけど、20世紀型の「思考⇒心」から、21世紀は「心⇒思考」の意思決定にゆっくり変わっていっていることを感じる。

感情が思考に左右される

感情や心を常に心地よく保っておくことは非常に重要で、アメリカではカウンセラーという職業が一般的なのも頷ける。ロジカルで数字を重んじるアメリカ人でも、悩んだり、心がモヤモヤするってことだからね。

 

だから、前向きに慣れなかったり、やってられない人は現状がそれだけ厳しいんだから、仕方ない。

 

みんな一緒なんだから。

 

スピードや成果が益々求められている中で、いかに感情を自然体に保つのかが求められているということですね。

 

僕の場合

f:id:nomuuuru:20170926170236j:plain

こっからは実践した話。

 

いま上海で駐在で働いているけど、会社の利益悪化のあおりを受けて、違う部門で違う国で働くことになるかもしれない。現地社員への引継ぎも突然決まり(その人選も?だし)、今は窓際社員っぽくなってる。それなりに成果は出したはずなんだけど、はしごを突然外された感じ。その辺りの経緯は違うところで書いているけど、まぁメンタルでいうとボロボロ。なんでやねんって感じ。

 

しばらく前向きになれていなかったけど、僕がやったのはこんなこと。

・公園でぼぉーとする

・週1でスポーツ付けの日を作る(バトミントンと卓球を4時間。中国だから笑)

・思いついたことをする(会社帰りに映画、美味しい羊肉鍋食べる)

・斉藤一人さんのYouyube聞く

・愚痴を吐き出す(飲み会、ブログ)

 

まだ完全復活とはいかないまでも、いくらか前向きになってきている。

 

特に公園でぼぉーとするはいい。芝生にビニールシートを敷いて、カフェラテ飲みながら、よその子供がはしゃいでいるのを見る。心が平穏になる。

 

ジョブズも定期的に隠遁(まとまった時間をとって瞑想すること)しないと心が落ち着つかず、1997年にアップルに復帰したとき、泥沼のような問題に足を取られて、隠遁の時間が取れなくなったことが、健康問題の原因になったと近い友人に話していたそうです。

 

その点ではジョブスも僕も同じ価値観を持っている訳だけどね。

 

、、、まさかリストラされた人が時間つぶす定番スポットに自分が行くことになろうとは思わなかったが。。。

 

 

おわり