自己啓発やってみた

人生は暇つぶし。楽しく生きよう

上海駐在。奥様は中国人。遊びも家族も大切に。

(楽して小金持ちになるには)中国の金持ち父さん貧乏父さん

彼女の両親と会ってきました(中国人!!)
のむーるです。

大金持ちとは言わずとも、小金持ちくらいにはなりたい!という人は多いと思います。リスク抑えめで、ワークライフバランス良く、気付いたらお金持ちになりたいって欲求。
(いやめっちゃ都合いいよねという話ですけど)

僕の中国の義理のお父さん(奥さんのお父さん)とおじさんとの出会いから、その鍵を見つけました。
f:id:nomuuuru:20171012160903j:plain

金持ち父さん貧乏父さんの特徴

f:id:nomuuuru:20171012153122j:plain

中国は福建省に彼女の実家があるんですが、びびりました。初めて薪で料理作ってたのを見ました。家も一部は土壁で40年前の昭和の農村?でした。
(リアルにこんな感じですよ)

これは、もちろん貧乏父さんの家です。そこで貧乏父さんと金持ち父さんの特徴がいろいろ分かりました。

貧乏父さん

f:id:nomuuuru:20171012155552j:plain
これは彼女のパパ。
・昔は自営業してたけど失敗して今は工場で働いてる
・すげー優しい(中国語分からないけど良くしてくれる)
・タバコくれる
・親戚に顔合わせしてくれた(結婚伺いに行ったので)
・いろいろと理解がある(中国の農村は日本人嫌いですよ)

いいパパです。

小金持ち父さん

f:id:nomuuuru:20171012155621j:plain
親戚のおじさん
・警察官やってる
・家も発展してる市内の中心にある
・不動産持ってる
・筋肉ある、声でかい、
・タバコくれる、うまい海鮮おごってくれる
・理解がある
・何言ってるか分からんけどおもろい

気前がいいスキンヘッドのおっさんです笑。

二人のパパを比べてみて

f:id:nomuuuru:20171012161143j:plain
両方いいパパですよ。ご飯もおごってくれるし、日本人の僕にも優しいし。
この差を考えると、それはもう金銭的なリテラシーとしか思えない。

というのも、金持ち父さんの選択は中国では理にかなっている。
・中国は公務員は優遇されてる(日本の公務員と同じ)
・奥さんも公務員(学校の先生)
・金なくても早めに家買う(中国はまだまだ土地が値上がりしてる)

対して貧乏父さんは、
・起業に失敗
・工場で作業員(夫婦で同じ会社)

貧乏父さんの起業も確かに夢はあったと思う。20年前の中国で、特に地方だから少資本でも戦えたはず。でも、結末は借金して失敗して出稼ぎみたいなことして返済。

今もお金なくて息子の結婚費用払えなくて困ってる(中国は花婿側が結婚時に家や車を買う)

結果論と言われればその通りだが、金銭リテラシーが高いのは金持ち父さんだろう。
人口が増えていた中国で不動産を買い、共産主義の国だから国側の仕事につく。

非常に固い。でも会社で馬鹿正直に働くだけで金持ちになれるのはごく少数だろう。

日本ではどうしよう

f:id:nomuuuru:20171012153552j:plain
中国のように土地買えばどこでも値段上がる、ある日突然駅が出来るなんてのは日本ではもうないだろう。

日本なら夫婦公務員とか、副業系、芸能人、起業?目指すステージ感で変わるだろうが、やりたいことと、理想の生活見据えて決めるのだろう。

小金もちを目指すならば、この3つが大切です。どんな本にも同じようなことは書いてあるけどね。
・リスクヘッジ(家族で違う業種、副業)
・時代の流れを見る(発展している業界)
・無理のない範囲で行う(再起不能にならないこと)

当たり前のことを言っているが、意識して確実に行うことが大切だと思う。特に結婚するならお金ないと家族守れないからね。

小金持ちになるには

f:id:nomuuuru:20171012161358j:plain
上記を踏まえて、理屈的なところを補足してみます。
お金についてできることは、大きくこのくらい。
・稼ぐ
・節約
・投資

具体的には、生活費以上に稼ぎ、そのお金を仕事の勉強して出世か事業の勉強して稼ぐ、更に余ったお金は投資して金持ちになるスピード早めます。

本質的にはそれだけ。何の本読んでも変わりません。

お金持ちになることを阻害するもの

f:id:nomuuuru:20171012160702j:plain
小金持ちを狙うなら、固く、安全に進めるのがベターだと思う。それを阻害するものたち。四天王ですね。

1.働かない(ニート)、無駄遣い(ギャンブル、浪費)

当たり前ですね。それ以上でもそれ以下でもない。

2.金持ちへの道が見えていない、効率的でない

勉強しましょう。いくらあったらどんな生活できるとか、何の仕事がいいのか、世の中の仕組みとか。

特に多いのが、どれくらいのお金で足りるのかが分からない人。例えば1000万円あれば生活はゆとりがあり、準富裕層とも言われてます。そこになるのに起業とかいりませんし、例えば公務員の夫婦とかなら最強。非常に固い。

3.やり方のバランスがおかしい

思い当たるフシがある人も多いはず。
お金の勉強始めてたくさんの本を読んだとする。実践系とか怪しい系とか。

4.プランがない

金持ちになりたい期間や進め方も大事ですね。
30年なら貯金してゆったり働いて福利運用とか、3年なら起業目指してハードワークでアーリーリタイアとか。
自分に合う方法は大事ですね。

後はやるだけ

f:id:nomuuuru:20171012160247j:plain
これを踏まえて、コツコツやると小金持ちになれる。時間はかかるけどね。

でもなんか話は分かるけど、お金も欲しいけど、つまんねえなって人もいますね。華やかではないので。

それは、たぶん、まだお金なくても生きれる段階だから必死感がないのでしょう。ハングリー精神ゼロみたいな。

時が来ればやるはずなので、それはそれで大丈夫!!
好きな道でやっていきましょう。

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

  • 作者: ロバートキヨサキ,シャロン・レクター(公認会計士),白根美保子
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2000/11/09
  • メディア: 単行本
  • 購入: 71人 クリック: 1,223回
  • この商品を含むブログ (534件) を見る

おわり