自己啓発やってみた

人生は暇つぶし。楽しく生きよう

上海駐在。奥様は中国人。遊びも家族も大切に。

仕事つまんねーときは楽しいことだけしよう~計画された偶発性理論とは~

 今日もつまらない仕事お疲れ様です。

 

今の仕事つまんないけど、やりたいこととか分からんし!

どうすりゃいいんだ…って人は多いですよね。f:id:nomuuuru:20171017154627j:plain

最近は小学生も先が見えずに悩んでいるような時代みたいだし。

 

そんなに悩んでも仕方ないかもって話。

 

計画された偶発性理論

これは米スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授が提唱したキャリア理論で、キャリアは予期せぬ出来事や出会いで作られるというもの。 

個人のキャリア形成は予期せぬ偶発的な出来事に大きく影響されるものであり、その偶然に対して最善を尽くし、より積極的な対応を積み重ねることによってステップアップできる。

 

米国の一般的な社会人を対象に行った調査によると、18歳のときになりたいと考えていた職業に現在就いている人は全体のわずか2%でした。また社会的成功を収めた数百人のビジネスパーソンでは、約8割の人が「自分の現在のキャリアは予期せぬ偶然によるものだ」と答えました。

 

成功者の80%の仕事のきっかけは偶然

これってすごいですよね!

 

アメリカは学歴社会なので、社会人になっても会社やめて大学院に進学してから他の仕事を探すことも珍しくないと言われてます。つまりそれぐらい計画的にやってるはず。

 

クランボルツ教授によれば、むしろ変化の激しい現代では、あらかじめキャリアを計画し、それに固執することは非現実的であり、すべきでないと。

もっと言うと、自分が何をしたいかの意思決定にこだわり、一つの仕事や職業を選びとることは、それ以外の可能性を捨ててしまうことにもなるとも言っています。

 

本当かいな。

 

偶然をチャンスに変える5つのこと

教授曰く、「偶然の出会いや出来事を積極的に創り、活かす」ということらしい。

 

これをどうやって実行するかという具体的な行動指針として5つを挙げています。

(1) 好奇心 ―― たえず新しい学習の機会を模索し続けること
(2) 持続性 ―― 失敗に屈せず、努力し続けること
(3) 楽観性 ―― 新しい機会は必ず実現する、可能になるとポジティブに考えること
(4) 柔軟性 ―― こだわりを捨て、信念、概念、態度、行動を変えること
(5) 冒険心 ―― 結果が不確実でも、リスクを取って行動を起こすこと

 

 今日からできることは

f:id:nomuuuru:20171018132218j:plain

子供は楽しそう  

この行動指針、よく分からん!って感じですが、よくよく考えてみるとなんかヒントありそうですね。

(1)好奇心、(3)楽観性、(4)柔軟性、(5)冒険心とか、まさに子供ですよね。

子供はなんでもやってみるし、遊びに変えられる。飽きたら新しいルールとか作ったりして楽しそうだよね。やめとけって言っても、やるからね。

 (2)持続性は子供は苦手かもしれない。どうやって続けるかは大人の頭で工夫してみたい。 

とりあえず興味あることやる

 最初の一歩が重い人って、最終形を気にするからだろう。このまま行くとこんな感じになるなと。ある意味、先が見えてて頭いいけど、フットワークは重い。考えると、だるくなるから直感的にやってみたらと思う。

 

自然が癒されるとかなら、登山サークルや自然の中でヨガとかね。

・楽しくて講師になったり

・そこで出会った人のご縁で転職とか

・はたまたブログにアップしたら人気になって独立できたり

・地方移住したら穏やかな生活になったり

 

なんでこんなことやってるのか不思議って人に聞くと、「意外に続いちゃいました!」とか言う人は案外多い。

 

だから、休みは家でずーと寝るなんてちょっともったいない。

 

 ワクワクする趣味や遊びを続けてみたら楽しいよね。ぼくらに必要なのは童のときに無邪気に走り回ったあの記憶ですよ。

 

あー、森林浴したい。紅葉見たい。

 

 そもそもの話で申し訳ないのだけれど、日本人は働きすぎ

 いい仕事をするには休息も重要だというのはよく言われている話。

 どんどん遊ぼうぜ!そしたらなんかいい考えでてくるかもしれん!  

できれば)仕事自体を楽しくする 

できれば苦労しねえって話は重々承知したうえでね。

 

今の仕事でやっててもいいかなーくらいに思うことをやってみるのがいい。仕事は工夫してやらないと楽しくならないから。

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

 

 

好奇心に乗っていくと思ったこともない世界が開けるのは僕も経験済み。

だって、なんとなく転職した上海で奥さんできたり、価値観変わっちゃったから。

  

 

読んでくれてありがとう!