自己啓発やってみた

人生は暇つぶし。楽しく生きよう

上海駐在。奥様は中国人。遊びも家族も大切に。

海外移住)上海で働くことを決めたわけ

海外で暮らすことに興味がある人ってどれくらいいるんでしょうか。

 僕は上海でもうすぐ3年目ですが、海外暮らしについて振り返ってみます。

 

上海に来る前の期待

f:id:nomuuuru:20171023115017j:plain

僕が上海に来る前に上海で求めていたことです。

 

1.いい生活がしたい(物価安い、住居費用会社持ち)

2.キャリアを積みたい(マネジメント経験、人事企画、海外駐在)

3.中国語を話せるようになりたい

4.上海ハニーと遊びたい

 

なんというか、欲望にまみれていますね!笑

アルバイトしながら転職活動していたので、節約がストレスでした。

 

振り返ってみて

経緯

 厳密には、上海に来てから仕事を探したのではなくて、上海異動となり上海へ来ました。転職活動していたらたまたま上海駐在案件があり、この条件なら働いても良いかなぁくらいの気分でした。

1.いい生活がしたい(物価安い、住居費用会社持ち)

達成率⇒70%

駐在員の最大の武器は、「住居費無料・物価安い」です。

東京だと一人暮らしの1K(7畳)とかでも6~8万くらいだと思いますが、駐在だと会社持ちです。日本は高いね。。。

また、発展途上国や後進国では、物価が日本より安いです。にも関わらず、多くの企業では日本円給与があります。つまり、海外旅行に行ったときの安い!という状態がデフォルトになるわけですね。(お得!)

 

実際、焼肉は二人で3~4,000円程度です。大体、牛角くらいのレベルでしょうか。素晴らしいですね。

日本よりは物価が安い国がほとんどなので、自炊したら日本よりはお金溜まるはず。他にも会社によっては海外駐在手当があります(僕はなんちゃって駐在なので給料は日本勤務とほぼ変わりません。社宅だけ出てるって感じです)

 

但し、航空券の費用(一年に何回日本へ変えるか)とか、日本に帰ってはめ外す(連日飲むとか)とか、夜のお店行く(寂しいから)で逆に日本より使っています人もいる。

 2.キャリアを積みたい(マネジメント経験、人事企画、海外駐在)

達成率⇒80%

今回が3社目だったこともあり、いい経験積んで挽回しておこうと思ったんですよ。めっちゃやりたい仕事があるわけではないのですが、箔をつけておこうと思ったんです。

 

日本人が駐在する場合、基本的には部下がつきます。(会社によっては駐在先で昇進します)なので、その経験は今後評価されるだろうと思ったんですね。また仕事は人事をしていますが、給与計算とか採用とかではなく、会社全体の規則や施策に関わることもできました。

 

今後の仕事を何にするかによりますが、良い経験を積むことができました。

3.中国語を話せるようになりたい

 達成率⇒40%

 これは全然出来てないですね。というのも日系企業で社内は日本語で話してます。つまり、中国語話す時間は塾とか買い物ぐらいですよ

僕の場合は彼女が中国人ですが、日本語ペラペラなので、たまに中国語使うくらい。

 

結果として、リスニングは少しゆっくり目で話してもらい、話題が分かれば大体理解できるってレベルです。お店の注文だったり、世間話くらいならなんとかって感じでしょうか。(お店の店員さんとかにはまぁまぁうまいって言われます)

海外来るだけで話はできるようにはならないってことですね。

4.上海ハニーと遊びたい

達成率⇒90%

 完全におまけです笑。なんか楽しそうじゃないですか?

これも結果的に、夜のお店好きな先輩と仲良くなりいろいろ行きました。といっても、キャバクラとかマッサージとかですが。中国語の勉強にもなり、文化も知れて楽しかったですよ。土曜日の昼は塾で勉強して、夜はキャバクラで試す。なんて勉強法が以外に効果があるようです。

ちなみに、夜の遊び方にもいろいろあるみたいです。楽しくてそのまま遊ぶ人、付き合ってみる人、飽きて日本語通じるバーに通う人とか。仕事上行くのはあっても、あんまり行くとお金もったいないなと思います。

 

いいことばっかりではない

 こうやって書くといいことばっかりみたいですが、そうでもありません。

・仕事)中国人とは仕事上の考えが違うのでストレス(人間不信気味)

・言葉)言葉通じないことも

・人間関係)日本の友達や家族と疎遠になる(浦島太郎状態)

・食事)日本食が恋しい

・メンタル)海外合わなくてもすぐには帰れない

etc

日大好きな人には向かないですね。若いときの数年が1番いいかもしれない。

まとめ

 ぜひ一度は海外生活してみてください。日本と違った世界が広がっていますよ

 

おわり