自己啓発やってみた

人生は暇つぶし。楽しく生きよう

上海駐在。奥様は中国人。遊びも家族も大切に。

海外生活から帰国したときのあるある話

早いもので海外生活がもうすぐ3年になります。もはや日本感覚を忘れかけ、体の半分は中国人かもしれないと思うこの頃。

 

ちょくちょく日本帰国しますが、そのときのあるある話です。

  

牛丼が異常にうまい

f:id:nomuuuru:20171026154859j:plain

古来より日本人に取って食事は食べる以上に重要な意味がありました。

結婚したい女子諸君は男の胃袋を掴め。食べる前のいただきます=ご飯はいただくもの。うまいもの食いたいですよね。

 

これは実話ですが、日本に帰国した際に、ちょっと時間なくて松屋でさっと牛丼(並)と味噌汁食べるじゃないですか。

 

思わず「うまっ!」って言っちゃいました。(一人だったのに。。。)

 

 中国でもそれなりに美味しいものを食べているはずなんですが、やっぱり日本食が一番うまい。最近のマイブームはキムチ×納豆×ご飯です。

二杯目からは別に普通なんですが、一杯目の費用対効果、満足度の高さはすさまじいものがあります。経験者しか分からない世界です。

 

中国について知ったかぶりになる

中国に住んでますと言うと、結構質問来ます。珍しかったり、話のネタになるんでしょう。

簡単な話なら答えられますが、政治、国土問題、歴史とかになると、分かりません。(中国に住むと詳しくなるわけじゃないですよね)

でもね、分かりませんばっかり言うと、白けた空気になります。物悲しい感じにね。

だから、何かしら答えるようにしてます。分からなくても現地情報とか加えて、話が滞留しないようにします。意外に困る!

 

浦島太郎になる

f:id:nomuuuru:20171026155425p:plain

日本のことが何も分からなくなる状態を言います。(童話でも竜宮城から帰ってきたら時代が経ってましたよね)

 

当たり前なんですけど、日本から離れるので日本のことが分からなくなります。日本の番組とかニュースを見ていればならないんですが、現地に溶け込もうとすればするほど、世情も、感覚も日本離れしていきます。

 

壁ドン、安心してください。見えてないですよ、宴会芸の人(よく分かりません。すいません)次々と変わるスターたちも後から知ります。

 一抹の寂しさとともに、自分の頑張りを少し認められます。

 

なぜか中国自慢(擁護)をする

これも根拠不明ですが、帰国した際には日本の友達に中国自慢しちゃいますね。物価が安いとか、~の観光地がおもしろかったとか。

体感的に中国在住の日本人で中国が好きな人は2割くらいで、残りは普通か嫌いです。なのに、中国の悪口を聞くと以外に擁護しちゃったりとか、いいところ伝えたりとか。これは不思議。

 

日本人におもてなしマインドを求める

f:id:nomuuuru:20171026155227p:plain

 やっぱり日本はおもてなし大国ですよ。店員も役所もそれなりに親切なので。

海外は問い合わせしても、知らないとか、人によって答え違うとか珍しくない。その感覚で日本に帰ってきて、サービス悪いと余計にイラッとします。

「おまえはしっかりしろよ!」という謎のツッコミが発動しますが、過度な期待を設定されて、怒られる店員はかわいそうですね。

 

中国語を話せない人に優越感を感じる

 人間は人と比較してしまう生き物ですよね。相手は競っていない部分で自分が勝っていると心の中でガッツポーズしたり。

海外移住者が勝ちやすい分野、それは語学です。当たり前です。相手は勉強してないから。案外、そういうささやかな自信を持っているからこそ、仕事も続けていけるのかもしれません。

…たまに国内だけで英語ペラペラな人もいるので、気をつけましょう。

 

日本で中国人を見ると意識する

 

f:id:nomuuuru:20171026155902j:plain

新宿や富士山など、有名観光地はもはや中国人だらけですね。日本に帰っても聞こえてくるのは中国語。自分がどこにいるのか一瞬分からなくなります。

困っている場面を見ると助けてあげようかと思いますが、見守っているとタイミングを逸して、ただの凝視している怪しい人になります。

解決して良かったと思いつつ、そっとその場を離れます。

  

あるあるを終えて

海外は日本とは違う世界が見れるので楽しいです。違いを楽しめる人、日本がつまらない人はぜひチャレンジしてください。お待ちしてます。

 

おわり