自己啓発やってみた

人生は暇つぶし。楽しく生きよう

上海駐在。奥様は中国人。遊びも家族も大切に。

国際結婚の手続き(中国)~その1.婚姻具備要件証明書~

国際結婚をするときに初めて知る単語、

それが「婚姻具備要件証明書」です。

 

この説明、実際の手続きについて説明します。

 f:id:nomuuuru:20171030175955j:plain

 

婚姻具備要件証明書取得のポイント

必要書類や詳細を確認する前にポイントを整理しましょう。

ポイント

①日本or中国のどちらでも取得可

②戸籍謄本が必要

③婚姻具備要件証明書ってなに?

 

①婚姻具備要件証明書の取得

中国は大使館で当日ですが、日本は3つの役所にいきます。

結構面倒です。

・中国で取得の場合

 中国の大使館か領事館で取得

⇒完了(当日完了)

 

・日本で取得の場合

 日本の法務局で請求

⇒日本の外務省で認証

⇒日本の中国大使館で認証

⇒完了(長いと3週間くらい)

 

中国在住であれば、中国で取得をおすすめします。

簡単で、早いです。

②戸籍謄本が必要

 本籍地でしか取得できないもので、住民票とは異なります。

(戸籍謄本には親の氏名、婚姻歴、子供の情報など記載されています)

両親であればすぐ取得してもらえますが、郵送などあると手間です。

 

事前に調べておきましょう。

 

③婚姻具備要件申請書とは?

そもそも結婚するための条件を知っていますか?

それは、新郎新婦の両方が独身である必要があります。(当たり前ですが)

 

日本人同士であれば、役所間が連携しているため戸籍上の独身や年齢確認ができますが、国際結婚だとそれらを証明する必要があります。

 

その結婚できる状態を証明する書類を「婚姻要件具備証明書」と呼びます。

結婚届を出す際に、この書類を添えて提出する必要があります。

 

ここは日本と大きな違いです。

日本で結婚するときは、役所に婚姻届出したら終了ですよね。

国際結婚とは違うので要注意です。

 

婚姻要件具備証明書をとろう

中国で取得がオススメ!(書類少ない、日程早い)

在中国の日本領事館は日本語通じますし、対応も親切でした。

1)中国で取得する手続き

 ・請求先

在中国の大使館、領事館

・必要な書類

全て1部、原本です。

<日本人側(申請者本人が準備するもの)>
①本人確認書類(パスポート等)

②戸籍謄本(発給日より3ヶ月以内)

③申請書(領事館で用紙をもらい、記入)

 <外国人側(婚姻予定相手側が準備するもの)>
①身分証明書

・所要日数

当日、1時間程度

  

※上記は新郎新婦が初婚である場合です。詳細は下記確認ください。

在上海日本国総領事館

 ※私は上海で取得しました。

そのほかの地域の場合は、最寄の大使館、領事館へ確認ください。

2)日本で取得する手続き

 これは長いうえに面倒。日本に居住していないのであれば、おすすめしません。

1)の通り、中国で取得する際には、在中国の日本領事館へ行くだけでよいです。

しかし、日本では外務省や在日本の中国ビザセンターで認証をもらう必要があります。時間もかかるうえに、ややこしい。

 

というのも、中国ではなかった婚姻要件具備証明書への公証が必要となります。

(ざっくり説明⇒公証とは、国が書類の内容が正しいと認めたものになります。

つまり、公証がない書類を相手国へ提出しても有効と認められないケースがあります

 

流れ

①:婚姻要件具備証明書を取得

②:①を外務省で認証

③:②を在日本中国大使館で認証

 

①:婚姻要件具備証明書を取得

・請求先

戸籍事務を取り扱っている法務局、地方法務局、その支局,本籍地の市区町村役場

 ・必要な書類

①戸籍謄本

②印鑑

③本人証明書類(パスポート等)

・所要日数

当日、1時間程度

・注意点

1.代理不可!(本人が窓口へ行く必要があります)

2.婚姻する相手方の氏名・性別・生年月日・国籍を記載することになります。

中国人なので、簡体字及び対応する日本の漢字で記入します。記載を間違えて請求すると後日再申請する必要があります。

ここまで書かせるのに、相手を証明する書類(本人証明書類)は不要でした。

 3.各地区ごとに書類や日程は異なります。ご確認ください。

(戸籍関係)いわゆる独身証明書(婚姻要件具備証明書)の請求手続について:東京法務局

 

②:①を外務省で認証

 ・請求先

外務省の専用窓口

出し方は郵送と窓口かのどちらかになります。

都合の良いほうを選んでください。

 

<1.直接窓口へ訪問(本人が行く場合)>

・場所

外務省

待ち時間10分もなく、申請も3分くらいで終わりました。

簡単すぎて不安でしたが、翌日完成して渡してくれました。

・必要書類

婚姻具備要件証明書

本人確認書類

・所要日数

翌日

  

<2.郵送で請求>

窓口が東京か大阪にしかないので、地方住まいの方は郵送が便利です。

日程がかかりますが、お金は節約できます。

 ・請求先

外務省(東京、大阪分室)

・必要書類

証明が必要な公文書(発行日より3か月以内の原本)

申請書(公印確認またはアポスティーユ)

委任状(代理人の方による申請のみ(注2)

返送先を記入した封筒(切手貼付)、レターパックなど(注3)

・期間

10~2週間

・注意点

海外からの申請は不可

郵送申請した書類を窓口で受け取りは不可

 申請手続きガイド 3 申請方法・必要書類 | 外務省

③:②を在日本中国大使館で認証

 東京のビザセンターという機関で認証してもらいます。

名前が分かりにくいですが、在東京中国大使館領事部の管轄区域(東京、神奈川、 千葉、埼玉、長野、山梨、静岡、群馬、栃木、茨城)での中国ビザや認証申請をしています。

Chinese Visa Application Service Center

 ・必要書類

証明が必要な書類

身分証明書

申請費用

委任状(代理人の場合)

 ・注意点

郵送申請は不可。郵送受領は可(地方住まいの場合は行政書士の代行や、誰かに委任すると便利です)

また下記のいづれかが選べます。

1.持参して4日後受け取りに行く

(費用によって4日後か翌日に受け取りかを選べます)

2.郵送で受け取り

 中国総領事館に認証を受けるため婚姻要件具備証明書と手数料の他に必要なものは?

  

おわり