自己啓発やってみた

人生は暇つぶし。楽しく生きよう

上海駐在。奥様は中国人。遊びも家族も大切に。

海外生活)外国人と仲良くなるコツ

こんにちは!

「一度は海外で生活したい」

そんな夢を持っている人はたくさんいるんじゃないでしょうか?

 

海外は上海生活も4年目に突入しました。

やっぱり海外で楽しく暮らすには、現地の人や文化を知ることが不可欠です。

楽しい海外生活のために、外人と仲良くなるコツを伝授します。

流行を知ろう

f:id:nomuuuru:20171103180718j:plain

少し前に中国のネット上で流行った言葉です。

 「我只想安靜地做個美男子」

これは中国のある取材の中で出た言葉で、いろんなシーンで使えます。

 

直訳すると、「僕は、ただ座っている美男子でいたい」です

意味は「争いやいさかいなく、平和に暮らしたい」です。

 

現在の中国ですが、都市部は既に東京と同じくらい発展していて、ストレスを抱えてうつ病になる人も増えています。

爆発的な成長が見込めない中で、若者層の中で、「のんびりと平和に暮らしたい」という人も多いんです。

  

僕も初めて会う中国人に使ったら、盛り上がりました!

「なんで知ってるの?^^」だそうです。

やっぱり、僕らも日本人しか知らないようなことを知ってる外国人と出会うと親近感が湧きますよね。

 

ちなみに、なんで美男子って言葉を使うかは謎。

言葉を学ぶ

やっぱり、現地語を知らないと話ができないです。

当たり前ですが、日本語話せる外国人でも母国語のほうが得意です。

特に日本語はニュアンスが細かいので訳分からなくなるそうです。(敬語とか、形容詞とか)

 

外国語話すの恥ずかしい人もいますが、外国人はおもしろがってくれますよ。

僕らも頑張ってたどたどしい日本語話す外国人見ると、なんか微笑ましく見ちゃうのと同じですから。

 

今はskypeでも、youtubeでも勉強ができるので、お金もあんまりかかりませんよね。

カラオケで現地の曲を歌う

f:id:nomuuuru:20171103175826j:plain

 海外生活で留学とか働いて、友達ができるとみんなで遊びに行きますよね。

カラオケは海外でも人気ですから、当然行くこともあります。

 

そのときに、その国の歌を歌うと、盛り上がる盛り上がる。

しかも、言葉を覚えるのにも楽しく覚えれたり、考え方なんかも自然に理解できます。

 

これはおすすめ。

日本の文化を知っておく

f:id:nomuuuru:20171103180312j:plain

アニメ、電化製品、おもてなし、カワイイ。

日本の文化は世界中で大人気です。

 

日本で聞いたことのない漫画が海外で人気だったり、アイドルが人気だったり。

SMAP解散のニュースが中国でも流れていたときは驚きました。

 

日本好きな外国人はむしろ日本人より日本に詳しかったりするんです。

これを機に日本のことを学んでみてはどうでしょうか。

リアクションを大きくする

f:id:nomuuuru:20171103180344j:plain

海外の日系企業で働く外国人が学ぶことで、不思議なことって分かりますか?

「報連相」

「本音と建て前」

「検討します」

 

外国人には理解しがたい内容のようです。

同じように日本人も海外に行くと違和感を感じる考え方や文化はあるんです。

 

だからこそ、非言語コミュニケーション、つまり感覚で伝えることが大事です。

日本よりもオーバーリアクション気味ぐらいがむこうの標準。

嬉しいときは全力で言いましょう。「ありがとう」と。

プレゼントをあげる

f:id:nomuuuru:20171103180429j:plain

やみくもにプレゼントあげようという意味ではありません。

例えば、日本に一時帰国したときなどは、簡単なお菓子などおみやげで買っていきましょう。

 

プレゼントをもらった喜びと、物珍しさで一気に距離が近くなります。

なにより会話のきっかけになるので、会話を考える必要もなく楽ちんです。

政府のことは話さない

f:id:nomuuuru:20171103180611j:plain

昔の日本は戦争をしていましたし、今も領土問題などで政府間の関係が良くない国はありますよね。(韓国、中国など)

 

海外の戦争記念館に行くと、日本がいかに悪者かを記してあります。もちろん、真偽が怪しい記述もあります。

でも、国家間では仲が悪かろうと、個人間だと仲良しになれるんです。

 

今は韓国へのイメージはかなり微妙ですが、留学先で出会った韓国人はめちゃくちゃいいやつでしたし、中国人も思いやりがあるやつでした。

彼らと話してもそれぞれが祖国に対して誇りや愛国心がありました。僕ら一般人は敢えてそういう話をする必要ないと思います。

 

最後に

海外に行ってしまえば、片言でも案外通じます。

不思議なもので日本語よりも気持ちや考えが通じることも多いです。

 

相手へのリスペクトと少しの勇気があれば大丈夫。

 

おすすめ記事

nomuuuru.hatenablog.com