自己啓発やってみた

元中国人事マネージャーのつづるブログ

現役人事。奥様は中国人。

海外在住4年で分かった)住むだけでは『ペラペラ』にはなれない

上海在住4年目になりました。
のむーるです。

海外生活に憧れる人ってどれくらいいるんでしょうか。
僕は海外ドラマがきっかけで憧れたんですが、
「Ally my love」、「Breaking bad」とかおもしろいですよね。

今日は海外に住んだら外国語がペラペラになるというのは、幻想だよって話をしたいと思います。

海外に住んでもペラペラになりません

これはれっきとした事実です。
僕も上海駐在して4年目になりますが、周りの日本人でペラペラな人はほとんどいません。

駐在15年目でも中国語話せなくて、いまだに通訳使っている日本人のなんと多いことか。
日常会話も怪しい人が多い!!

うちの会社は上海にある日系企業ですが、中国人は日本語ペラペラ、ほとんどの日本人は中国語話せません。

日本人がアホみたいで恥ずかしいですが、話せないのは事実です。

コツコツ勉強するしかない

Studies

話せるようになるには、簡単なことを繰り返すしかありません。

・発音を覚え、

・知らない単語を覚え、

・簡単な文法を理解し、

・繰り返し使う

これは、僕の奥さん(日本語ペラペラ中国人)が言ってたので、信憑性があります。

会社に入るまで日本へ行ったことがないですが、ペラペラです。

大学は日本語専攻ですが、新卒から日系企業でバリバリ日本語使ってます。

メールも話も日本語です。

ただ単に海外に住んでも外国語を覚えられない理由 

ここからは、しっかり勉強しないと話せるようにならないという理由を書いていきます。

1.常に外国語に囲まれれば話せるようになるのか?

LISTEN

勉強しないとなりません。

脳科学でも立証されていて、知らない単語を聞いてもノイズとして捉えられるので、右から左に流れていきます。

よく言われていることですが、赤ちゃん~小学生くらいまでの子供であれば、自然に覚えます。

しかし、大人は耳からだけでは習得できないんですよね。

だから、外国語に囲まれていたとしても、

・発音を知らないから何度聞いても認識できない

・知らない単語聞いても覚えない

・まねして発音しても相手に伝わらない

と、なります。

もちろん、聞くだけでペラペラになれるなんて教材はデタラメなので、買ったらダメですよ!

2.海外に住めば言葉を使う機会が増えるのか?

Study Abroad Fair 2013

言葉は使えば使うほど覚えます。

でもね、海外でもほぼ日本語で生活できますよ。

というのも、ニューヨーク、上海など日本人が多い地域は日本人相手のビジネスが盛んです。

日系スーパーもあれば、日本人コミュニティ、日系フリーペーパーもあります。

これで、日系会社に勤務すれば、仕事も日本語、飲むのも日本語。

外国語なしでも生きていけます。

3.外国人の友達が増えるのか?

Old Friends

当たり前ですが、海外に住んだら自動的に外国人の友達ができるわけではないです。

そもそも接点がないわけで、自分から動いて出会い、関係を続ける努力が必要です。

語学留学しても、ノンネイティブの外国人と友達になるだけ。

また、全ての外国人がノンネイティブのあなたと友達になりたいわけではないです。

交流会やサークルに参加するなど、こちらに興味がある人と出会いを増やす必要ありますね。

4.海外に住めばモチベーションが高まるのか?

motivation

これは半分あってます。

しかし、1~2年たてば、モチベーションは低下します。

というのも、買い物や飲み屋で使う言葉を覚えれば、生活はそんなに困りません。

そして、仕事や生活が忙しくなると、次第に勉強の優先順位が下がります。

下手にマジメに語学学校に通う人よりも、キャバクラで女の子を口説くおじさんの方が習得が早いという現象もあるんですよ。

海外に住む利点

ここまで、海外に住むだけだと言葉を覚えられない理由を書きました。

否定的なことばかりを書いたように思えるかもしれませんが、しっかり勉強すれば効果はあります。

1.覚えた言葉を話す機会がある

2.ネイティブの言葉遣いを学べる

3.ネイティブの自然なスピードに慣れる

4.(しっかりやれば)上達を実感しやすい

 

 分かりますね?

楽してペラペラはありえない

ってことです。

 

地道にコツコツが一番早いです。