自己啓発やってみた

元中国人事マネージャーのつづるブログ

現役人事。奥様は中国人。

転職理由に自信を持とう

会社のキックオフ集会がありました。
会場からディズニーの花火が見えました。

ども!中国で人事マネージャーだった30歳の男がつづるブログです。

今日は中国で僕が見聞きした転職理由を紹介します。

やっぱね、働いていると嫌なことありますよね。
現在進行形で、会社つらい人もいますよね。
耐えて耐えて、でもやっぱりつらいと。

なんか逃げるみたいで辞めたくないみたいな気持ちあるかもしれませんが、この記事読んでる時点で答え出てると思いますけどね。
自分の気持ちを直視したくないだけでね。

中国人の辞める理由を知ったら、そんな辞めることが後ろめたいのが楽になりますよ。

マジメなだけ、いい人なだけ、それだけだと人生損します。

中国人の会社を辞めたい理由

通勤時間

f:id:nomuuuru:20180516230744j:plain
中国で転職面接した時ですが、彼らは堂々と言ってくるんですよ。
「一時間半の通勤を三年間頑張れることからも分かるようにコツコツ頑張れる」と
しかも、これは推薦理由として、日本で誰でも知ってる人材会社のエージェントも言ってきますからね。

へぇ~そうなんですね~。へぇ~。

他に稼げる仕事がある

f:id:nomuuuru:20180516231914j:plain
向こうは数年前まで毎年10%以上の昇給がありました。
しかも退職金もない会社がほとんどなので、同じ職種や内容なら転職した方が合理的という風潮です。
社会全体が急拡大してきたので、チャンスに乗り遅れたくないという感覚なんですよね。

そりゃみんな辞めますわな。

とりあえず辞める!!

f:id:nomuuuru:20180516232027j:plain
行くとこまで行っちゃってます。
清々しさすら感じる。
2~3年働いたから転職しようかなあ、なんて会話がされてるんですよ。

我慢は体に悪いもんね!

日本語が使いたい

f:id:nomuuuru:20180516232048j:plain
日本語学科を卒業したけど、日本語使う機会がなくて転職してくる人はよくいました。
中国人の語学習得スピードはものすごいので、すぐにペラペラになります。彼らに比べると日本人の語学習得を司る部分は欠陥品に見えるほどに。

そして外資系企業より給与が低い日系企業は、更なるステップアップの踏み台になっていくのです。

残業多い

f:id:nomuuuru:20180516231016j:plain
中国は基本的に定時になったらみんな帰ります。
定時に終わらない量の仕事があると忙しいと言います。
大量の仕事を与えると品質下げて定時に帰ります。
品質上げろと言うと緊急性高い仕事以外はスルーされます。
それぐらい時間通りに帰りたいんです。

分かります。分かります。

転勤したくない

中国人にとって、家、血縁、地縁は不可侵の領域です。
一部のエリートや共産党員を除いて、転勤がないのが普通です。
なぜ会社の都合で人生変えられるのか?というスタンス。

頑張っても大して給料変わらない

日本のように給料は後からついてくるみたいな話は全く響かないです。
滅私奉公、やりがい、会社のため。
なにそれ?おいしいの?

出世できない

f:id:nomuuuru:20180516230955j:plain
日系会社はガラスの天井と呼ばれる身分差別があります。
現地社員はある程度で出世は頭打ちになり、数年おきに来る日本人が現地法人社長になります。
どれだけ頑張っても絶対に出世できない。
なかには無能で日本を体よく追い出されたよな人もいるわけで、そんなのが偉そうにしてる。
(そんなのばかりではないですけどね)

また、会社が利益出ていなくて、役職も用意できないような局面だと当選若い人は出世できません。
転職回数をあまり気にしない中国なので、そりゃ辞めますよね。

理不尽に耐える必要はない

f:id:nomuuuru:20180516232417j:plain
散々言いましたけど、好景気やブラック会社が袋叩きに合う時代になったおかげで、社員を酷使する会社に人は集まらなくなっています。
日本の当たり前の雇用慣行だった転勤とか年功序列も、世界から見れば摩訶不思議な世界なわけです。

あなたに合った会社は絶対にありますよ。
生き方で会社を選ぶと生きるのが楽になります。