自己啓発やってみた

元中国人事マネージャーのつづるブログ

現役人事。奥様は中国人。

現役人事が転職相談に乘った話

転職相談に乗ってみました。
元中国人事マネージャー経験者をしていた、のむーるです。

好景気は転職のチャンス!とあらゆるところで話をしていたところ、転職相談に乗ることになりました。
人事が本職なので一肌脱いできました。

結末

年収100万円アップ

f:id:nomuuuru:20180527232356j:plain
無事、年収UP!

転職するのであれば現職より給料上がるのは必須ですね。
社風や残業、業務内容など入社してみないと分からないこともあるので給料は確実に抑えておきたいところです。

仕事の幅が広がった

f:id:nomuuuru:20180527232543j:plain
今回の転職で一番重視するポイントでした。

この方は管理系職種だったのですが、担当業務や社内体制としてキャリアを積めないことが最優先事項でした。
今後の人生を考えてキャリア積める業務内容になったことは非常に意味のあることでした。

終わってみれば在職中にも関わらず二か月で決まりました。
財閥系の子会社で数千億売上のある安定した会社です。

成功要因

なぜ今回の転職が希望通りに決まったんでしょうか。

好景気

転職においては個人の資質や努力よりも外部環境の影響が大きいです。
採用枠がなければそもそも転職できないですから。僕が東京オリンピックの2020年までの転職を強くおススメしている理由がこれなんですよね。
僕はリーマンショック後に新卒採用でしたけど、買い手市場でなかなか厳しかったですからね。。。

本人の努力

そうは言っても本人の努力がなければ受かりません。
この方は相談頂いた時点でキャリアの棚卸や強み、弱みなどを自己分析し、職務経歴書を作成してくれてました。
状況だけ聞いて受からない理由はすぐ分かったため、アドバイスしやすかったですね。

アドバイザー

手前味噌ですけど、第三者の視点が入ることは大切です。特に転職アドバイザーとか人事などのプロ目線ですね。
同じ事実を話す際にも伝え方で印象が変わり、採用か不採用かが分かれます。
アピールポイントのつもりが、マイナス評価をされるなんて話もあるので要注意ですよ。

転職者のプロフィール

相談もらった方の情報を載せます。少し内容変えてます。

プロフィール

・30歳、男
・転職3回目
・職歴:新卒(大手メーカー)6か月→公務員浪人1年→公務員1年→一般企業(中小)3年

所感

経歴としてはきついですね。正直。
パッと見、定着する感じがないです。
職歴も一貫していなかったので。学歴も公立大学卒とアピールとしてはやや物足りないものがありました。
ただ、自頭は良く、コツコツ努力でき、TOEICも800程度あったため、ここをアピール材料とすることにしました。

相談内容

f:id:nomuuuru:20180527233530j:plain
この方が相談してくれた理由です。
初期の面接でうまくいかなかったようで、ヒアリングすると理由は2つありました。

転職理由をどう話すか?

先に触れましたけど、在職期間が短く、職歴も一貫していない、公務員と民間経験あり。
なかなかの相談者泣かせの経歴でした。

精神的に病んでた

実は精神を病んで休職していたことが発覚。
とても真面目でいい人なんですが、採用側からすると躊躇(ちゅうちょ)してしまうのが正直なところ。

解決策

転職回数と理由で企業側が敬遠していることは明らかだったので、その部分に対してアドバイスしました。
f:id:nomuuuru:20180527233840j:plain

潔く認める

転職回数が多いことについては、正直に一貫性がなくフラフラしていたと自分から話をしてもらいました。「自分でも自覚しているからあまり突っ込まないでね」という感じです。そうは言っても突っ込まれるんですが笑。
潔く話すほうが結果的に良いことも多いですよね。(仕事でミスした時も同じです)

納得感のある理由

この方、実は大学受験時に現役で入学したのですが、希望通りの大学に進めなかったんです。
そのコンプレックスや自分の力を試したいという思いから筆記試験のある公務員を受験したとのことでした。受験した公務員になったことで満足できたのは良かったものの、公務員に馴染めず、上司とも合わずで退職してしまったとのこと。
もうこれは、会社方針とかキャリアアップとか無理に話すくらいなら、素直に話しましょう。
面接する立場を想像してほしいのですが、根本的な価値観や思想が関わってくる話だと、それ以上は追求しづらいです。しかもコンプレックスの話とか特にね。

もちろん、行動が伴っていないと主張に説得力ないですよ。(公務員試験も一発で合格したり、TOIECも良い点数が取れているので、コツコツやれそうな気はしますよね)

余計なことは伝えない

精神を病んだことについては特になにも伝えないことにしました。企業側も入社前に開示しない情報もあるため、お互い様ですね。

相談を終えて

満足のいく転職先が決まったと報告してくれたことが嬉しかったですね。
ちょこっとアドバイスしただけなんですが、こんなに喜ばれるとは感激でした。いい笑顔でした。
やっぱり、当事者になると視野が狭くなったり、難しく考えてしまうものなんですよね。

そもそも転職する時点で現在の会社(退職してたら前社)に対して少なからずマイナスの思いや負い目があるわけで、突っ込まれることは多少は仕方ないです。
会社が一生面倒見てくれるわけでもないし、真の意味で自分でないとできない仕事なんてありません。
日本人は真面目すぎますけど、『幸せになるために自分にあった会社を選ぶ。会社を利用してやる』ぐらいの気持ちがいいじゃないでしょうかね。